スポンサーサイト

  • 2018.09.18 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    風邪らしい風邪。

    • 2018.09.18 Tuesday
    • 13:28

    先々週のズンバの後に

    思うように体が動かず

    なんだか喉が痛いなぁ〜と思ってたら声が出なくなり

    咳が出始め、熱はでないもののこの咳がしつこくて

    未だにゴホゴホなっています。

    声も裏返っている。

    滅多に、というか、ここに来て風邪引いた記憶が無い。

    インフルエンザには1度かかりましたが

    こんなに絵に描いたような風邪は始めて。

    咳をした記憶もないので、咳がこんなにつらいもんだとは。

    いやはや。

     

    本当なら先週の土曜日に帰国していたはずですが

    台風で関空があんなことになってしまい

    ケアンズ関空便はずっとキャンセルになっています。

    月末に大事なことがあるので、

    それまでには絶対に帰りたいと思います!

     

    ケアンズは相変わらず雨が降らず

    涼しいいいお天気。

    こんなに長袖パジャマが活躍した年はないんじゃなかろうか。

    わたしにとっては最高ですが、干ばつの被害が心配です。

     

     

    9月。

    • 2018.09.03 Monday
    • 15:32

    ずううっとケアンズはいいお天気が続いてます。

    一体今年の冬はどーなってる?と嬉しい悲鳴だったけど

    昨日から日中は暑くなってファン回してます。

    それでも朝晩は涼しくて、半袖では眠れない感じかな。

    流石に9月になると太陽の位置も変わって

    陽射しも夏の気配を感じます。

    今年の冬はいい感じでした。ありがたや。

     

    ブログを始めた12年前の9月ってどうだったのか、

    気になって過去ログをみたけど

    その頃って天気についてぐずぐず言ってないわ。

    若かったってことでしょうかね〜。

    他に気になることがいっぱいあったんだろうなぁ。

     

    ↓ ↓ ↓

     

    昔、15年か16年位前
    オーストラリアに入国するとき
    いや違う、厳密に言えば飛行機が滑走路に入り
    定位置に止まり、さあ、降りようとするとき
    客室乗務員が両手に殺虫剤のスプレーを掲げ
    そう、それはまるでバルタン星人の如きスタイルで
    前方から、座っている乗客の頭めがけて噴射しつつ
    最後尾まで通路を歩く儀式が行われていたのを思い出した。

    乗客は素直にそれに従い
    ハンカチなどで口を押さえていたものです。

     

    ↑ ↑ ↑

    こんなこと書いてるわ〜。

    そうそう、そんなことがあったの思い出した。

    28年も前のことじゃん!笑

    あれは臭かったなぁ。

    この頃散歩するとき、全身に虫除けスプレー撒くんだけど

    いくら口を押さえてても吸ってしまって

    気分悪くなるんだけど、その当時それについて文句言う人

    いなかったのかしらん。。。。

     

    そんなことを思いつつ、昔を懐かしんでおりまする。

     

    今年の冬は長い。

    • 2018.07.31 Tuesday
    • 20:47

    ありがたいことに、ケアンズはわたしか戻った6月の初めから

    ずっとずっと涼しく、途中雨降りの日々はあったものの

    今現在まで、予報では当分、過ごしやすいお天気の模様です。

    近年、珍しいことだよ。

     

    でもね、昔はストーブが欲しい日が

    1年に1回はあったんですよ。

    電気毛布使った日も一年に1回はあったんですよ。

    だって、持ってるもんねー、まだ。

    ここ20年以上は出してませんけどね。

     

    昨日のオウムの話を友達にしたところ、

    全く考えもしないし興味もないし、

    考えないようにしてる、てか、それ自体あまり知らない。

    と言われて、そりゃそうか、ネットのない時代を

    ケアンズで過ごしてたんだからなぁ〜。

    いやいや、でもわたしは2週間遅れの新聞やビデオからの

    情報で知ってたし、あれだけの日本国の大事件だから

    興味あるなしではない次元で知りたかったし

    幼児だった息子をひざに乗せてどーなるんどーなるん。。。って

    見てた記憶がある。

    実はわたしが最初に教団を知ったのはずっとずっと前で

    弁護士一家殺害のずっと前で

    日本で働いてた会社に居たときに同級生の同僚と、

    昨日のアレ見た?どうみてもおかしいよね。あたまへん笑 

    と言ってたんだけども、、まさかあんな大きな事件を起こす集団だとは

    そのとき思いもしなかったわ。

    彼女、そのときのこと覚えてるかなぁ〜。

    今度会ったときは聞いて見よう。

    なわけで、これについてどーこー話せる友達が近くにいないので

    気持ちの落ち着き場が見つからずにいます。

     

    ところでわたしはここ2ヶ月、

    マイブームが裁縫となり、ブラウスからシャツへ、

    そしてジャケットまで縫う勢いでいます。

     

    ケアンズで生地を探すのが大変だけどね。

     

     

     

    「不幸かつ不運」の意味

    • 2018.07.30 Monday
    • 19:49

    オウム事件の死刑囚13人の死刑が執行されてから

    自分ながらにも考えることがあり

    その思いは、あっちに行ったりこっちに行ったりして

    枝分かれのように思いめぐらされている。

     

     

    その中でも一番思うのが

    それぞれの家族の気持ちに自分を置き換えるという思いだ。

     

    昨日毎日新聞に寄稿された村上春樹氏の文を読んでから

    その枝分かれしていた想いが

    ひとつの深い溝の中に落ちて行き

    なかなかそれから抜け出せないでいる。

     

    息子の裁判をかかさず傍聴していた

    林泰男の母親のエピソードを読んでから

    ここにもまた自分が置き換えられる

    置き換えられやすい立場の人がいたこと

    それがすごく強烈なリアリティある話として

    語られていた。

     

    「およそ師を誤るほど不幸なことはなく、

    この意味において、林被告もまた、不幸かつ不運であったと言える。

     

    (中略)林被告のために酌むべき事情を最大限に考慮しても、極刑をもって臨むほかない」

     

     

    彼の母は、

    どうしていらっしゃるだろう・・・

     

     

    げげ・・・4ヶ月。

    • 2018.06.30 Saturday
    • 20:46

    気がつけば明日から7月ってことで

    随分長いこと放置したもんだ。

    過去こんなにほったらかしにしたことはなかった気がする。

    ブログ始めて12年と69日ですって。

    まあそんなもんか・・・・

    日記代わりにしてたここも

    インスタに代わったのでますますログインしないはずだよな。

     

    さて、

    これと言って特記するような出来事があったわけではありません。

    ま。あえて言うなら、

    6月に日本から戻ってからずっと

    すばらしいお天気だったケアンズが

    先週からアホみたいに、雨季の様な気候になっちまって

    あたしゃ悲しい。

    気分もだだ下がり中です・・・

     

    日本に行ったり来たりで、落ち着かないし

    どっちつかずでしょう〜〜

    と心配?してくれる友達もいますが

    ほっといてくれと言いたい気分。

    好き勝手でいいね、と言われればそれはそうですが

    わたしなりにいろいろ考えているんですから。

    天気のせいにして言いたいこと言っちゃる笑

     

    近々、日本に引き上げる友達がいて

    ふと気になって

    さて自分のビザ、

    本気でレジデントリターンビザのことを計算してみましたら、

    5年のうち2年オーストラリアに居たらいいんだったら

    一年で5ヶ月もいればそれを満たすことを今更確認した次第。

    それを考えて行ったり来たりしないとなぁ・・・←ほんとイマサラ。

     

    なんにしても、はよまたいい天気に戻ってくれないと

    わたしゃグレそうなんですけど。

     

     

     

     

     

    元気でる映画。

    • 2018.02.21 Wednesday
    • 16:55

    久々に映画をみました。

     

    グレイティストショーマン。

    映画館で観たの、君の名は。以来。

    ケアンズでクリスマスからやってたのは知ってましたので

    こっちに帰ってから終わってたら悲しいなぁ〜〜

    と思いつつ、調べたらまだやってる!

     

    ミュージカル好きなわたしとしては絶対見たかったのです。

     

    めちゃ楽しかった!

    隣で見ていた友達は

    始まって5分で「もう泣きそう、」って言ってたけど

    確かにずーっと涙腺が崩壊寸前な感じ。

    中だるみもなくて、心が一緒に躍ったり

    泣いたり、感動の嵐が何回か・・・

    歌も踊りもみんな上手くて、最高でした。

    終わるまでにもう一度みたい。

     

    そしてほとんどお客さんもいないし、

    暑さしのぎになるし、

    今の映画館最高!

     

    でも、もっといい音響で観たいと

    cityのシネマにあるVMAXでやってないかと

    ググッたところ、エリッククラプトンに使われてた・・・w

     

    ちなみに、RACQのメンバーなので

    ディスカウント使って$9.50でした!ラッキー。

     

    帰ってきて1週間が過ぎました。

    もう地獄の暑さにも慣れた(ような気がする)けど

    今日は珍しく日中にエアコン入れなくていいのです。

    30度で涼しいと思うなんて、やっぱ慣れたのかな?

     

    もっと涼しくなったら歩きます。うんどーぶそくだわ。

     

     

     

    いやはや・・・

    • 2018.02.15 Thursday
    • 13:56

    マイナス10℃の世界から

    40度近いところへ帰ってきて、

    体もさぞびっくりしていることでしょう。

    ずっと眠くてまるで時差ぼけ状態

    もっとも帰ってくる飛行機が激混みで

    眠れなかったってのもあるけど

    朝起きたらグーができないほど浮腫んでいて

    凍り付いていた細胞が一気に溶け出した感じ。

    脳みそも溶けそうです。

    気温差 実に50度。

    あんなに寒い世界にいたのがウソのようです。

    今はただ、エアコン低い設定で部屋に閉じこもるのみ。

    庭も、玄関も掃除したいけど・・・できません。

     

    暑いのがいいか、寒いのがいいかって

    よく聞かれるけど、

    ものには限度ってもんがあると思う。

    どっちも辛いけれど

    あえて言うなら寒いほうかなぁ〜。

     

    いや、なにが辛いって

    いちばん辛いのはたったの一日で

    こんなに世界が変わること、でしょうね。

    これで停電にでもなったらもう地獄だわ。

     

    家から出るときは、前日からの大雪で

    予定していた高速バスが運休。

    早めに関空に辿り着いたけど、

    これまたチャイニーズニューイヤーのせいか

    中国人がすごくて、ほんとにすごくて。

    あのパワーに圧倒される。

     

    ・・・

     

    何度も行ったり来たりしてたら

    どこの出口がいいとか、ここでああしたらいいとか

    ちょっとしたコツをつかむものだけど、

    出国時の手荷物検査の場所は

    向って右ではなく、左のほうがめちゃすいている。

    ってことでした。

     

    だいたい、EFGHのカウンターはアジア系の航空会社で

    そのまま手荷物検査に行くと激混みです。

    なのでゲートの番号が違っていても

    中に入ったらおなじことなので左に行くべき!

     

    今日ニュースでも空のスーツケースが関空に捨ててあって

    とても困るって出てましたけど、

    わたしも見ました。

    そして、トイレにもボロボロのジャケットとか

    何枚か脱ぎ捨ててあったしね。

     

    ケアンズ空港は自動入国審査マシーンが壊れていて

    これまた長蛇の列、

    このまま昼までかかるんじゃないの?っていう勢い。

    手動でやってる係員も無駄話するんじゃない!はよせんかい!

    おまけに、久しぶりに荷物チェックさせられたし。

    段ボールロープ切られて、あんた、どうやって提げるんじゃい。

    もう30年もおるんじゃ、何を持ってきたらダメかってことくらい

    わしゃ知っとるで!!!!

    と、暑さのために壊れております・・悪しからず・・・・

     

     

     

     

     

    極寒の風呂掃除。

    • 2018.02.01 Thursday
    • 10:11

    ぼやぼやしてたら2月になってました。

    いやはや、冬はいけませんなぁ。

    夏地獄、冬地獄、どっちに居ても地獄だわ。

     

    我が家には今年94歳になる母がおりますが

    自分のことはひととおり出来るものの

    こう寒いとお風呂に入るのがねえ、

    田舎のタイル張りのだだっ広い浴室は

    わたしでもヒートショックを起こしそうなくらいの

    危険な場所。

    基本独り暮らしなのでリフォームなんてできない

    そんな費用は無駄だもんなあぁ〜。

    掃除なんてできるわけなし。

    たまに帰るわたしがひっしこいてカビとりや

    タイル磨きなどしてますが・・・

    真冬の、しかも氷点下近くまで下がる浴室内を

    大掃除するのはつらお〜〜〜だよ。

    これがどれくらい持つのか分からないけど

    わたしが次帰ってくるまではカビだらけになるんだろーなーー

    ところでお風呂って冬でもカビが発生するのね。

    しらなんだ〜〜。

    ケアンズの蒸し暑いところでタイルがカビるのはわかるんだけど。

    使用後のシャワールームのガラスやタイルを

    ゴムの水滴取りでからからにしておくことも出来ず

    どうやったらカビ防止できるのか、

    ちょっとググってみますかね。

     

     

     

     

    町医者

    • 2018.01.23 Tuesday
    • 21:53

    先週、ちょっと寒い場所にいたので

    体が冷えて膀胱炎?って感じになりました。

    お茶をガブガブ飲みつつ、

    (ケアンズだったらクランベリージュースと

    ケミストで買えるURALがあるのになぁ・・)

    近くのドラッグストアで市販薬を買い様子を見てたんだけど

    一向にすっきりしない。

    こりゃ大雪が降る前に医者に行って抗生剤もらうしかあるまい。

    と思い以前行ったことのある町医者に行きました。

    総合病院でウイルスうようよの中、何時間も待ちたくなかったし。

     

    とりあえず尿検査して待つこと3分。

    名前呼ばれてドクターの前に座る間もなく

    血尿は出てないけど違和感あるなら点滴と

    お薬出しておきますのでそれ飲んでみて。

     

    と言われ、有無を言わさず点滴のベッドに誘導される。

    そのベッドがですねえ・・これまた横になりたくないほどの汚さ。

    前の人の髪の毛はわんさかついてるわ、カバーひっくり返してみたら

    何年前から替えてないかというほど茶色のグラデーションのシミだらけの枕。

    逃げ出したくなりましたがまあ、仕方ない。。。

    右手をグーにして後ろ頭にあてがい直に髪がつかないよう

    細心の注意を払う。

    それだけでもキョーフなのに

    いったいなんの薬を点滴するんだい?

     

    しかもあたしゃ以前膀胱炎の薬でアレルギーでて

    大変な目にあったことがある

    それをつたえなきゃ。。。と思いつつも

    言われるまま点滴開始。

    袋をまじまじと眺めると、ブドウ糖の文字が・・・

    なんじゃい?そんなもんせんでよろし。

    何分かかる?と看護婦さんにきいて

    (あくまでも看護婦さんていう人たち)

    30分くらいがまんするしかないよ。

    その間、院内のそこらじゅうを見渡していたんだけど

    天井のシミ、ほこりや換気扇のよごれ、

    それから看護士さんたちの身なり、

    もさもさの髪の毛・・・

    もう大丈夫なんかい、

    わーーーーー!!!!と叫びたい気持ちをこらえて

     

    30分の地獄 

     

     

    薬が出てるので一応何系の抗生剤か聞いたんだけど

    もちろんすぐにわかるわけないし。

    だけど一番ムカッとくるのは受付レディが

    「そんなことは先生の方に先に言ってくれ」と言ったこと。

    アレルギーのあるなしは、最初に聞くべきだろ?

    来院するのは近所のお年寄りばかりかもしれん、

    でもとりあえず見かけない人が来たらそれくらい聞きなさいよ。

    大ごとになったらどうするんだい。

     

    なんの点滴をするか説明しろ!笑

    それを受けるかどうかの選択肢を与えろ!

    患者のアタシは馬鹿じゃない。

    偉そうなことを言う患者は来るなっていう風潮がありすぎ。

     

     

     

    結局2種類の薬をもらったけど、ネットでググって

    1種類だけ飲むことにした。

    息子に聞いたら必要ない薬だった。

     

    医療費勿体ないよね、これじゃ。

     

    病院選びも難しい。

    でもケアンズのドクターとは比較しません。

    論外多いから。笑

     

     

     

    さぶっ!

    • 2018.01.13 Saturday
    • 18:17

    今朝は帰国して一番寒い朝でした。

    キッチンの窓の結露がガチガチに凍ってた。

    室内でもマイナスの気温・・・

    外の温度計を調べに行こうとキッチンで充電してたスマホを持って

    写真撮ろうとしたらカメラが作動しない!!!

    冷たくてあいほんもおかしくなっちゃったの?

    こんなところに長年住んでたのが信じられないよ。

    昔はよく耐えてたわ。

    雪も相変わらず降ってたけど、来週には寒さも落ち着く様子です。

     

    帰国して早1か月が過ぎ、

    そろそろ寒いとか雪を理由に止めてた諸々を

    始動したいと思う。

     

    ちなみに外の温度計は−8℃でした。

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    エル

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM